韓国女優プロフィール情報1のTOPに戻る
「韓国女優プロフィール情報1」トップ >  キム・ユネ > 韓国女優キム・ユネ (ウリ) プロフィール


韓国女優キム・ユネ (ウリ) プロフィール

韓国女優キム・ユネのプロフィールです。




本名   김윤혜 キム・ユンヘ(キム・ユネ)
お誕生日 1991/5/24
身長   166cm
体重 45kg
◇12才でファッション雑誌の表紙モデルでデビューし、10年間使用した「우리 ウリ」という芸名から2012年途中に本名の「キム・ユネ」に名前を戻して活動◇

出演作品

2007 KBS2ドラマ「最強!うちの母」
2007 映画「息子」

2011 KBS2ドラマ「強力班〜ソウル江南警察署〜
2011 MBCドラマ「オレのことスキでしょ。」ハン・ヒジュ役

2012 KBS2ドラマ「仙女が必要」チャ・ナラ役
2012 映画「占い師たち」

2013 tvNドラマ「隣の花美男(イケメン)」ユン・ソヨン役
2013 tvNドラマ「Who are you?(フー・アー・ユー)」イム・ジョンウン役




韓国ドラマ「オレのことスキでしょ。」で演じたハン・ヒジュのキャラクターは

演劇科,ミュージカル俳優が夢だ.

悪欲,毒種,殺母蛇,演習虫...ヒジュを指称する言葉だ.
ひたすら演技者になるため,主人公になるために生まれた子だ.
他人達が二時間練習すれば三時間をしてそれでも不足ならば寝ることを減らしてもする.
アイスクリームとチョコレートが好きだ.堪えることができない誘惑だ.
おかげさまで体重調節のため一生ダイエットをして暮す.

高等学校の時からシンが好きだったがシンはそんなヒジュをまったく見なかった.
それさえもシンがその他のどんな女にも関心がないというのが慰めだったが...
学園長の娘でブライド高く、他人からは嫌われキャラですが、自分の夢の為に食べたいものも食べずに必死で練習している所がよかったかな・・そんなかわいそうなヒジュにジュニが付きまとうシーンが面白かったです。



ここからは2011/8/24に韓国で配信されているインタビュー記事です
私たち “優しいチョン・ヨンファ-友達みたいなカン・ミニョク,CN BLUEのファンいい”(インタビュー)

濃い印象はお父さんに似ていたと言った.目もきれいで鼻すじも高く聳え立っているのがそのままだ.

それで人々は高慢でざらざらしてつやがないと予想する.そんなイメージは 12歳の時から構築された画譜イメージだった.事実はそうではないのにドラマでは見えるイメージが借用される.ドラマ '強力組'でしばらく登場した時も彼女の役目はサイコパスだった.最近、終映した 'オレのことスキでしょ。'ではざらざらしてつやがない都市女ハン・ヒジュで高慢な魅力を精一杯発散した.

ウリ(本名キム・ユンヘ)は 'ポポポ'で放送に入門したし、12歳の時ヴォーグでデビューした.偶然に撮影したプロフィール写真が関係者に目立ちながら画譜を撮影したし、以後モデルミュージックビデオ広告などで活躍をした.中-高校時代をそんなように過ごすし、お母さんとふたりきりソウル生活をしなければならなかった.お父さんとお姉さんは水原で住んだが一緒に住むお母さんが仕事のため夜明け夜半に出勤をした.帰って来る時間は眠る直前だったからウリは一人でいる時間が多かったと言った.

"高等学校の時の疾風怒涛の時期を送った.職業がもう決まったことや違うことがないから友達が何をするか悩む時、私はこれを(芸能界活動) していかなければならないとする問題が悩みだった.一人でいることが慣れて今も一人でいること好きだ.テレビ見て映画も見て音楽聞いている途中眠って食事して.ある瞬間さびしいことを感じるのに幼い時は悲しくて家でもっぱら泣いたが今はそのまま慣れる."

高等学校を卒業して演技を始めた.ドラマを通じて視聴者に確かめたし、濃い印象は高慢なイメージを構築した.それでもウリは善良な役目をしたいと言った.ハ・ジウォンのように多様な演技スペクトラムを構築することも夢だ.海外進出のために日本語勉強もしているというウリは熱情がいっぱいになった.あつい人気に乗りながら成形手術の事実を放送で告白した.実は成形手術は傷だった.その話を用心深く取り出したことだったが事があまり大きくなってぎくっと怖かったりしたと.

"強心臓で顔の話をした時、検索語で一日半の間、上がっていたよ.傷の話なので用心深く取り出したことなのにあまりはみでた.目鼻口皆直したと誤解する人々が多かった.実は顔のラインだけ直したのだが.以後、幼い時写真もたくさん広がって災い転じて福になったがその告白に対して今は (後悔した) 切ない心情だ."

ドラマ 'オレのことスキでしょ。'は高くない視聴率を記録した.ウリにおいて切ない事だろうがそんな表情を捜してみることは大変だった.ドラマはいろいろあったが、現場雰囲気だけは良かったと強弁した.ドラマと自分のキャラクター一緒にした演技者やスタッフたちに対する愛情が付け出す発言だった.そんな中、普段ファンだったCN BLUEとともに演技したことに対する話には少女ファンの感性も一見付け出す姿だった.

"CN BLUEのファンだった.チョン・ヨンファがたくさん取りそらえてくれてカン・ミンヒョクとは友達のように過ごした.チョン・ヨンファとたくさんぶつかる場面がなかった.団体場面を除き二、三回が精一杯だった.私が引き受けたキャラクター自体が対人関係を気を使わないキャラクターだった.カン・ミニョクとはおない年だ.初めにはお互いに尊敬じみた言葉も使ってぎこちなかったが後には親しくなってずっと一緒にいた.リハーサルも合わせて見て.ドラマが終わってもっとCN BLUEのファンになったようだ."

もちろんドラマで惜しかった部分もある.終わり '100周年ミュージカル場面'がとても短く照らされたのだ.私たちはキャスティング以後、約 1ヶ月間踊りの演習をした.撮影を始めてからは短期間に 2〜3個ずつ踊りをマスターしなければならなかった.出演したミュージカル俳優たちは 3-4ヶ月の間夜おそくまで演習をしたと言う.それでもドラマのハイライトにならなければならなかったミュージカルが小さすぎるように見えた.ドラマは思いとは違うように仕上げされた.

"(ドラマを終えたから) その他もまた学ぶわけで.ぬいぐるみも作るつもりだ.甥が 9ヶ月になったがこの前にプレゼントした縫いぐるみを今は人形だと分かって手に握る.また一つ作ろうとする.旅行もしたい.幼い頃から学校と演習室と家と通ってあんまり出歩かなかった.
友達とトッポキ食べることも好きだったし、カフェーで静かに遊んだ.昨日友達と話したがお金を蓄えて海外旅行を行く事にした.友達もバイトをしなければならないからそれがいつになるかは分からない."